2010/01/26

ICA旅行


昨日、ICAから帰ってきました。
3人の隊員達と、4人での旅行。

楽しすぎて胸いっぱいです。
最高でした。


ICAでの2泊3日、大した事はしていません。
気の合う仲間達との、頑張り過ぎないただの旅行。

ホテルのプールサイドでまったりしたり
美男美女の外国人をこっそりお写真におさめてみたり
ラジオ体操して他の人たちの注目浴びちゃったり
卓球の総当たり戦で燃えてみたり
砂漠の山を裸足で駆け上ったらめちゃくちゃ熱かったり
ピスコの試飲をしまくって何も買わなかったり
レストランのおじちゃんとの会話が弾みまくったり
日本人よりタイ人の方が品があるとか言われたり
プールサイドで日本のお菓子に感激したり
飲み会をするもすぐに眠くなってしまったり
朝ごはんにパンを4つも食べちゃう人がいたり
パンをあげようとしてオウムに指を噛まれたり
ガイド君が本当に日本語教わりにホテルまでやってきたり
カクテル半分飲んだら中学生みたいに顔が真っ赤になっちゃったり
砂漠が期待以上に楽しくて砂まみれになってみたり
不意に仲間に砂を頭からぶっかけちゃったり
涎まみれの友をバカにしたら自分もすごい砂まみれだったり
アルゼンチン人達が焼いてくれた激旨のお肉をご馳走になったり
日本特有の「飲みコール」をアルゼンチン人が気に入っちゃったり
同じ南米の国でもペルー人とは全然違う発見がありまくったり…

何にもしてないはずなのに、ものすごく充実してました。
この旅行のことは、きっと一生忘れません。


Viva, JOCV!!!!
みんな、最高の時間をありがとう☆


お写真も大量です。多すぎです。
すごい時間かかるけど、よかったらpicasaをどうぞ。
半分近くに絞ったのに、363枚もあります(笑)

2010/01/22

念願のお出かけ♪

妹のように可愛がっているDaysiと、お出かけしました!!!



夏休みを利用して、1ヶ月だけお母さんのところに行っているDaysi。
リマで待ち合わせをして、二人でお出かけです。

待ち合わせ場所にお母さんが付き添ってきて下さって、「今日はお嬢さんとお出かけさせて頂きますねって」挨拶したら、「もちろん!喜んで!」「何時まででも連れまわしてくれていいのよ!」って勢いで承諾してくれました。

お母さん曰くDaysiはお家であたしの話をめちゃくちゃしてくれているらしく、お母さんに会ったのは初めてだけど、なんだかすごく信頼してくれているみたい。ちょっと照れくさくてココには書けないけど、Hogarの子が、自分の事を家族にこういう風に話してくれてるんだって思ったら、感激して泣きそうになりました。


まずはMirafloresで遅めの朝ごはん。オシャレなオープンカフェでサンドイッチを半分こ。久しぶりの弾丸トークに盛り上がってなかなか食べ終わらないDaysiを急かして、Linceの映画館へ。Daysiが観たがっていた映画「Juego de Ladrones(英語のタイトルはCODEかな)」。平日のお昼過ぎだからほぼ貸切り状態、そしてAntonio Banderaがかっこよくて、二人で大はしゃぎ(笑)

映画の後はまたMirafloresに移動して、デパートでショッピング。ピアスをプレゼントして、あたしのお買い物にもちょっと付き合ってもらいました♪

気が付けば16時。ようやくお腹が減ってきたので、Larcomarという海が見えるショッピングセンターへ。ここに来るのは初めてという彼女は、ものすごい喜んでくれて、あたしもすっごく嬉しかった。


夜、彼女をバス停まで送るタクシーの中、「楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうね」って話したら、「今日の思い出は宝物だよ!」と言ってくれました。あたしはもすうぐ日本に帰るし、きっとこうやって二人でお出かけする日は二度と来ないかも知れないって解ってるんだよね。

ちょっとだけ切ないけれど、本当に楽しくて、まるで夢のような一日でした♪


さて、明日から隊員仲間達と一緒に
ピスコの名産地でもあるICAという場所へ行って来ます。
戻るのは月曜夜、あるいは火曜日の朝です。
更新はしませんがご心配なく…☆

2010/01/19

カビとの闘い

昨日はお洗濯をしました。
でも、今日もお洗濯をしました。


ペルーの冬は、すごい湿気なのです。
とは言っても今は夏。太陽がさんさんと降り注ぐ…はずなのですが、今年は異常気象らしくて未だに雨が降ったり太陽が出なかったり、湿気との闘いの日々です。



例えば…

だいぶ温かくなってきたのでしばらく履いていなかったブーツ。お部屋に置いといただけなのに、昨日見たら、すっごいカビ。あまりにも悲しくて呆然としました…。

もう2ヶ月くらい着ていなかったユニクロのフリース。最近は姉が送ってくれた紫フリースばっかりだったから、たまにはこっちを着ようかなと手にとったら、めっちゃカビ臭い…。

すんごい久しぶりに取り出してみた黒いスニーカー。ベージュっぽい模様が見えて、あれ、こんな模様だったっけ?と思ったら、全部カビでした。そう言えば黒地に黒いお花模様の、真っ黒いスニーカーでしたよね。

これは日本に帰ったら使わないから誰かにあげようかなと思った、青いジャンパー。ハンガーから外そうと思ったら、内側にすごいカビ…。誰かにあげるどころではありません…!


こんな感じで、なんでもかんでもカビだらけ。
もちろん、収納場所には除湿剤を2つも入れてるんだけどねぇ…。
今カメラが使えないから、お写真を撮れないのが残念なくらいの見事なカビです(笑)

幸いにもお着物は使う機会が多いので今のところ無事だけど、これから日本に帰るまでに気をつけておかないとカビだらけのモノを洗う暇もなく日本に持ち帰る事になりそう!!!


夏だというのに、洗濯三昧の日々は続く…。

2010/01/18

泣ける場所

12月の終わりから3月第一週まで、こども達は長い長い夏休みです。
この夏休み中、こども達はお母さんのお家に行って過ごしたり、マドリーナのお家に一ヶ月くらいお世話になったりします。

で、クリスマス頃から約一ヶ月弱程度が経ったので、こども達もちょっとずつHogarへと戻ってきました。個人的には戻ってきてくれてすごく嬉しいんだけど…家族と一緒の生活を終えて戻ってきた子達は…殆どが、泣く。


今日の午前中、来年から中学生になる少年は去年と同様、お兄ちゃんと一緒の一ヶ月間の生活を満喫して、Hogarに戻ってきました。去年は、大好きなお兄ちゃんが夕方にお家に帰っていったら泣き通しで大変だった。4時頃にあたしのお部屋に来て泣いて、夕食後にも泣いて、8時頃にも、さらに10時頃まで…。

そんな事があったので、当然の事ながら今年も覚悟してました。帰ってきて髪の毛がボサボサに伸びてる彼の髪の毛を切ってあげて、しばらくしたら、もう泣いた。お兄ちゃん、愛されすぎですわ(笑)

お昼ご飯食べた後から、今の今まで。(ちなみに今、18:00。)
あたしも去年に比べたらスペイン語だって少しは上達しましたから、泣いてる彼に対してめっちゃ笑わせたりしてみるんだけど、お兄ちゃんの不在にはどうしても勝てないみたいです。

ようやく今は、あたしの横でyoutubeの「ドラゴンボールZ」のビデオを見せたらだいぶ落ち着いたけどね…今夜と明日と、明後日くらいまでずっと、彼の泣き場所となるのでしょう。いや、明後日で落ち着けばまだ良い方かな。


一向に泣き止む気配のない子を見守り続けるのもそれはそれで疲れるんだけど、でも、こども達が自分のところに泣きにやってくるって、よくよく考えたら凄い誇らしい事なのかも知れない。泣きたい時って、落ち着いて泣ける場所で泣きたいよね?自分の気持ちを解ってくれるとか、好きなだけ泣かせてくれるとか、そういう場所に居たいよね?

いつもは何か注意するとすぐに憎まれ口とかたたいてくるこの少年(一度、すんごい不貞腐れて「死ね!」って言われたこともある!笑)、今日はあたしの前で気持ち良いくらい号泣してくれます。おぉー、泣け泣け、もっと泣けー!っていう気持ちになるよね♪


こんなの「協力隊の活動」って言えるかなって悩む事も多いんだけど、この子達の精神的な支えになれているって思える瞬間は、実は少なくないんです。

この1年9ヶ月を振り返って反省したり後悔する事は正直言ってめちゃくちゃ多いけど(たまに、悔しくて涙が出る…。笑)、それでも「泣く場所」として自分を選んでくれるこども達がいるだけで、もしかしたら満足しても良いのかもって思う。

いやいや、そんなの甘いよって声もたくさん聞こえてきそうですけど…まぁここには書けない壮絶な諸事情の中、こども達との共同生活を続けて、彼らの信頼をここまで得られただけでも、ちょっとだけ安心して良いでしょーか。っていうか、させてもらっちゃいます。


いやー、あと少しだ。
あと10日で久々の長期休暇。
「何も考えないで何もしない」をするんだ!

それが終わったら、本当のラストスパート。
もう、こども達に嫌がられるくらいに愛情注ぎまくります!

2010/01/17

ビデオ撮影

無事に終了しました~。



別に歌手の後ろに立つわけでもなく
色んな映像を使って6分くらいのビデオを作るとか。
まぁ詳細は相変わらず解りませんが、2週間くらいで完成するらしいです。

疲れたけど、けっこう楽しかった♪

2010/01/15

ビデオ出演

2009年は、ペルーへの日本人移住110周年でした。
その記念に作曲された「Corazón Nikkei」という曲があります。




マイクを持ってメインで歌っている方々は、どうやら有名人らしいです。
以前、国立博物館で式典があった時に初めて聴いたんだけど
その日はお手伝いで言っていたので詳細も解らず。

で、明日は、そのビデオ撮影が予定されています。
どんな趣旨のビデオになるのかは全く不明なのですが…とりあえず
着物姿の女性が必要とのことで、例に漏れず
ありがたい事に日秘会館からご依頼を頂きました。

何をすれば良いのかは全く聞かされていません。
解っているのは、いつもの青い着物を持って日秘会館に行くだけ。


どんな事すれば良いんだろ…
着物で登場するの、一人じゃないと良いな…
後ろの群集の一人とかでありますように…
日焼けしちゃったけど許されるかな…
と、一人でもんもんとしております。

でもなんだかんだ言って楽しみ。
完成したものは…お見せ出来る仕上がりである事を願います(笑)

2010/01/12

帰国便決定!!!

まだ2ヶ月以上もありますが、帰国便が決まってしまいました。
コンチネンタル航空、ヒューストン経由です。


■CO 591便
3月23日(火) 23:45 LIMA
3月24日(水) 06:16 HOUSTON

■CO 007便
3月24日(水) 10:45 HOUSTON
3月25日(木) 14:45 NARITA



こども達に、
「セニョリータ、飛行機の中で涙で洪水おこさないようにね。
 そんな事になったら国際問題でしょ。」
と、今から笑われておりますが(笑)


ここまで大きな怪我も病気もせず、
大きな犯罪被害にも遭わず、なんとかやってきました。
交通事故に巻き込まれなかった事の方が奇跡かな。

これは「日頃の行い」だとかそんな事ではなくって、
ペルーで支えてくれている人達が、
心配して応援して気にかけてくれる人達が、
本当に多かったからって事です。


残り少ないけれど、気を抜かずに頑張ります。
応援してくれている人達を悲しませたくないからね。

2010/01/11

悔しくて悔しくて

すっごい理不尽で悔しいことがありました。


問いただす気にもなれません。

なんで、ああなんだろう。

この怒りをどこにぶつければ良いのか解らない。

ちょっと泣きたい。けど悔しいから泣かない。



こども達を連れて、海に行きたかっただけなのにね。

すっごい楽しみにしてたのにね…。



ちょっくらフテ寝してきます。

2010/01/09

1月9日

今日は、2年前に駒ヶ根での派遣前訓練が始まった日。


みんなと出会って、今日で2年になりました。



世界中の色んな場所で、


悩んだり悲しんだり病気になったりしながらも


それぞれ頑張ってるって解るから、あたしも笑顔でいられます。



みんな、ありがとー!


あと少し、頑張りましょう♪

あと19日で

念願の休暇です。


また、エクアドルに行っちゃいます。

去年は首都のキトに行ったので、

今年は南のグアヤキルと、サリナスというビーチ。

※写真はイメージです。

こんなところだよ。

12日間もだよ。

待ちきれない~!!!!!

2010/01/08

Elías

愛息Elíasとお喋りしてました。

大きくなったねぇ、背も伸びたねぇ、って。


「ボクが来た時は「agua(お水)」しか言えなかったんでしょ。

 最初はマリと一緒に寝てたんだよね。

 来たばっかりの頃は歩けなかったんだよね。」

と、自ら語るElías。


ちゃんと解ってるんだなーってちょっと感心してました。

そしたら突然、「Mari, te quiero mucho(大好きだよ)」だって。

…泣ける。この子を置いて帰れるのだろうか。



本当に、本当に大きくなったんです。

数日前に映画カンフーパンダを観たもんだから

最近はこんな一人遊びだってしちゃいます。


video



「オオカミを殺すためにボクは戦うんだ・・・

 こら、悪ものめぇ・・・!!! 」

って感じでしょうか。

もうたまりません。


あ、涎が・・・(笑)

2010/01/07

新春初売り…

日本はバーゲンの真っ最中でしょうか。
年明けから、いっぱいお買い物を楽しんでいるのでしょうかね。羨ましいねぇ。

なんて言いながらあたしは、1月2日にネットで色々と見ていたらなんとも素敵な小物を発見してしまい、30%OFFなんて言うもんだから、これまた色々と買い込んでしまいました…。


これで小物類もだいぶ充実してきたし、あたしの帰国を待ってくれているお着物は今回のを含めて3つになったし、帰国後の楽しみがさらに増えたというもの♪おそらく昨日あたりに実家に届いた頃でしょうか。

この2年間、日本から持参した2つのお着物とわずかな小物で着まわしていたのでだいぶ飽き飽き…。本当にお着物との再会が楽しみで仕方ありません。


さ、今日も元気に頑張るぞー☆

2010/01/05

幸せのもと

またまたお誕生日のお祝いをしてもらっちゃいました。



元ホームステイ先の家族と、偶然リマに居合わせた隊員仲間と一緒に美味しいお昼ご飯を食べて、ちょっと遅めのお誕生日をお祝いしてもらって、あたしの好みを知り尽くした素敵なプレゼントを貰って、最高に幸せだなぁ…と。

最近「あたしは幸せです」としか書いてないような気がして、そんなネタばっかりで恐縮ですが、でも本当なんだからしょうがない。ペルーでの家族、隊員仲間、活動を離れた場所で、自分の事を受け入れて応援してくれる人が居るっていう事は、文字通り最高に幸せなんだもん。


夜、一年前にHogarを出て行った兄弟(DanielとJuan Carlos)にお電話してみた。
二人ともすごく元気そうで、家族でクリスマスと新年を迎えて、幸せだよって言っていた。そして、「日本のお姉ちゃんは元気?どうしてる?身体に気をつけてって伝えて」って言ってくれて、家族の事まで心配してくれる気遣いがなんだか嬉しくてニヤけてしまう。

ちょっと懐かしいお話したり、Hogarの現状を伝えたり、冗談言い合ったり。そして最後にお電話を切ろうと思ったら、日本語で「オヤスミナサイ」って言ってくれた。もうHogarを出てから一年も経っていて、お電話だって2ヶ月に1度くらいしかしなくなっちゃっても、それでも覚えててくれるって本当に嬉しい。


今夜は良い夢が見れそうです。あったかいやつ。

2010/01/02

明けましておめでとうございます!

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
ペルーは日本より14時間遅れての年明けですが、ちょうとお昼頃にテレビをつけたら世界各国の年越しの様子が放送され、東京の映像も少し映って、花火の美しさにこども達と一緒に興奮してしまいました。


さて、Hogarでの年越しの様子をお伝えしましょう。

ペルーだけでなくエクアドル等の近隣国でも同じらしいんだけど、古い洋服を使ってお人形さんを作ります。これを、年越しの直前に燃やして、その年の嫌な事を全て燃やしてしまおうというのです。


普通の大人くらいの大きさの人形、しかも中身もぎっしりなので、普通に燃えるわけはありません。ガソリンスタンドにペットボトルを持って行って「ガソリンください」と頼み、お人形にぶっかけて、燃やします。


こども達もスタッフも、みんな一緒に花火をします。ちびっ子達は、一度燃え尽きた花火がもう一回燃やせると思ってたり、今度は反対側から燃やせると思ってたり(笑)小さな打ち上げ花火もやったけど、さすがにちびっ子が多い場所ではちょっと怖かった…。


そして年が明けたら、ブドウとシャンパンで乾杯。まぁこちらの人はみんな「シャンパン」と言うんだけどもちろんそんな事はなく、スパークリングワインです。ちびっ子はコーラに混ぜて飲んでましたが、本当に美味しくなかった…。そしてブドウは一年間ってことで12粒食べるらしいんだけど、知らなかったから36個くらい食べちゃいました。


Hogarのスタッフと一緒に買った、こども達と飲む用のスパークリングワインは1本で2.5ソーレス(約80円?!)くらいのすっごい安いやつで飲めたもんじゃなかった…ので、もう一本こっそり買っておいたチリ産のをお部屋でこっそり飲みました。と言っても500円くらいなんだけど、かなり美味しく感じました…(笑)


そんな感じで、年越し蕎麦を食べることも黒豆のお味見をすることもテレビで紅白を見ることも日本人と語り合う事もない本当にペルー式の年越し。日本が恋しくてなんだか寂しくなったりもしましたが、なんだかんだ言ってみても、あたしはこども達の笑顔が見られれば本当に幸せな気持ちになれるって事にあらためて気が付いて、みんなと一緒に楽しく過ごしました♪


来年はコテコテの日本式の年末年始を…と心に誓った年越しの瞬間でした。
ペルーを発つまであと80日だそうなので、あと少しお待ちくださいませ☆
今年もどうぞよろしくお願いします!