2008/08/16

mi hermanito

最近、弟ができました。
我が家の姉妹愛の深さを知っている人は解ってくれると思うけど、お姉ちゃん大好き病のあたしが「弟」と言うんだから、相当な仲なわけです。

もともと喋る子じゃなかったし、あたしの所に寄ってくるわけでもなかったし、Hogarで最年長のこの少年とはこんな会話をする仲になるなんて想像もしませんでした。でもここ数日間でものすごいお喋りをたくさんして(最長、朝まで眠らずに7時間!)、急激に信頼関係が深まっていきました。

少し前の日記に書いた子なんだけど、こんなことを言っていた子が、今、毎晩あたしの所にやってきて、素直に思ったことを何でも話してくれるのです。


「こんな人に出会ったのも、こんな人間関係を築けたのも生れて初めてで、きっとこの先にもこれだけの出会いはないと思う」とまで。あまりにも嬉しくて、心配しないで!きっとこれから山ほど素敵な出会いに恵まれるから!と言うのを忘れてしまうほど。

これまでにこの施設を出て行ったこども達の中には悪いことに手を出して色々な問題を起こしてしまったという話をいくつか聞きました。長年ここに住んでいる彼もそんな不安を抱えているらしく「今はこうやって毎日話しているけれど、いつかこの施設を出て、何か悪いことに手を染めちゃったりして、もうマリに顔向け出来なくて会えなるんじゃないかと思うとすごく悲しい」とポツリと言う。

でも、自分が幸せならあたしも幸せ。あたしが幸せなら自分も幸せだという人間関係が築けた今、もうそんな心配はいらないんじゃないかと思う。本人ももう解っていると思うし、これから先、何かを選択する時には多かれ少なかれ、どっちの道を選んだらあたしが喜ぶかっていう思いが頭を過ぎるだろうから。


「hermanito(弟)」と言ったら、猛烈に喜んでくれた。10センチくらいの小さい人間になって、あたしと一緒に日本に帰りたいと言う。10月にマリのhermanita(姉)が来たら、この部屋で3人でお喋りするのがすごい楽しみだと言う。写真嫌いだった彼が、マリのhermanitaと3人で写真を撮るんだ!と照れくさそうに言う。今度マリが病気になったら、看病しにくるから一人で寝込むなと言う。血液型を知らないらしいけど、あたしに何かあった時のために絶対にB型が良いなと言う。あたしの好きな曲をギターで弾くんだと言って、ある曲を必死で練習している。もう最年長だからいつまでHogarに居るかは解らないけれど、あたしが日本に帰る日には空港まで行くよと言う。

18歳の子が、こんな、ちょっと照れてしまうようなことをどんどん喋り続ける。もちろんすごく嬉しいんだけど、今まで「何でも話せる相手」が本当に居なかったんだなぁと実感して、心も痛みます。


あたしの心にたくさん貯まっている「宝物」は全て「人との出会い」で、そこから受けた影響で知らないうちに自分が変わっていったんだと思う。その人を思い出すだけで元気になれたり、悩んでいる時にあの人だったらどう言うかなと考えたり、そういう大切な人がたくさんいて、自分もいつか人にそういうプラスの影響を与えられる人間になりたいなと思って生きてきました。

そして今、自分のことをそういう風に思ってくれるこの少年に出会えたことが、紆余曲折はいつもあるけれど、あたしの生き方もそこまで間違ってなかったなと思わせてくれるのです。

「すごく幸せ」と感じる瞬間にはいつも、これまで出会った全ての人に感謝したくなる。自分を生んで育ててくれた親や家族、大切な友達、色々な場所での出会い。一つでも欠けていたら、きっと自分はペルーには来なかっただろうし、この少年にも出会っていなかったから。


この国で、もったいないくらいの素敵な言葉を山のようにもらって、幸せを噛み締めています。

さて。
Julioの次にあたしの姉弟(妹)になるのは誰だッ。

3 件のコメント:

名無しさん(12) さんのコメント...

わぁ~ (*^。^*)

アフサギール さんのコメント...

Julio君・・・ネガティブなこと以外でも僕と言うことが似すぎです。元写真嫌いまで同じとは。

悪いことしたらお姉ちゃんに顔向けできないと思うようになったら、もう人生、少しずつ良い方向に進むしかない。

للَّهُمَّ رَحْمَتَكَ أرْجُو، فَلا تَكِلنهُ إلَى نَفْسِهُ طَرْفَةَ عَيْنٍ، وَأَصْلِحْ لِهُ شَأْنِهُ كُلَّهُ، لا إِلَهَ إلاَّ أنْتَ

(神よ、あなたのご慈悲を願います。彼を一瞬たりとも見捨てないでください、彼に関すること全てを正しくして下さい。あなた以外に神はいません。)

Mari さんのコメント...

アフサギール さん

はじめまして。
放置しまくりのこんなブログにコメントをありがとうございます。

彼は、地球の裏側で、元気にしているようです。お姉さんとしては、一安心です。

アラビア語(?)のコメントを頂いたのは初めてです。新鮮でした!