2009/01/14

AMOR

「愛」ってなんでしょうか。
「愛情」ってどんな感情でしょうか。


日本に居た頃は、「愛」「愛情」だなんて言葉、殆ど使わなかった気がする。だって、表現する必要もないくらいに家族や大切な人たちから浴びていたものだったし、自分にとって「当たり前」のものだったから。

それから別の意味では、日本人にとってはあんまり口に出し慣れていない言葉だからっていうのもあるかも知れない。日本という国に居たら、特に日本人同士だったりすればなおさら、照れくさくてあんまり使わない言葉だもんね。


でも、最近よく考える。
「愛情」って本当に大事なんだなって思う。
これよりも大切なモノなんて、世の中にあるわけないって思う。


例えば。
無条件に自分を愛してくれる人がいる事を知っている子と、知らない子。きっとこのブログを読んでくれているみんなは、明らかに前者でしょう。そういう環境で育ってきた人ばっかりだと思う。みんな本当に愛されて生きてる人ばっかり。

だけど悲しいかなここHogarには、そうじゃない子がたくさんいる。あたしが、本当の家族でもないのに、その子のした事に対して泣いたり叱ったり一緒に悲しんだり喜んだりしていると、ふとした瞬間に「なんで?なんでマリはそうなの?」と訊いてくる子がいる。

え…なんでって言われても…愛しいから。かわいいから。大事だから。キミがダメだとあたしもダメだから。それだけのこと。これ、あたしにとっては、当たり前のこと。説明するまでもないし、今まで訊かれたことも説明したこともなかったんだよね。だからすごく戸惑う。

でも、本当に小さい頃から親と一緒に暮せなかったこども達の中には、なかなかそれを受け入れられない子が多いっていうことが、最近手に取るように良く解る。そんな彼らが、赤の他人からの見返りを求めない愛情に触れた時に、戸惑ってしまうのは当たり前なのかも知れない。

弟Julioなんて特にそう。あたしがどうしてこんなに可愛がって心配してるのか、今だに疑問なんだと思う。「何でそんなに僕の心配するの?僕なんかじゃなくて、もっと他の子に愛情注げばいいじゃん!」って言われたことがある。でも、愛情はある人に注いだからって、他の人に対する愛情が減ったりはしないのです。そういうこと、解ってないのね…。その点EliasはHogar最年少のアイドルで、みんなに溺愛されて、月に一度はパパが訪ねてくる。「愛されて当たり前」っていう環境にいられる彼は、ある意味でかなりラッキーだったと思う。


ある程度大きくなってからHogarに来た子と、4~5歳の頃に来た子。あるいは、小さい頃からHogarに居るけれど、不定期でも良いからちゃんと訪ねてくる家族が居る子と、そうでない子。やっぱり、見ていると歴然とした差がある。

人を信頼する。
人を大切にする。
人の気持ちを想像する。

上手い表現が見つからないけれど、今思いついた言葉でザッと書いてみると、そんな感じ。こういう「当たり前」のはずのことが、大幅に欠けているような気がしてならない。本当に悲しいことだけれど、そういう子が、結構多い。


きっと、こども達と一緒に暮らす事を放棄した(あるいは放棄せざるを得なかった)お父さんお母さんだって、本当は自分のこども達を愛してやまないはずだと思う。でも、一番大切なことは、大事に思っていることを、相手に解るように伝えること。言葉で「愛してる」って言うだけじゃなくて、ちゃんと相手が体感できるように「何か」をすること。口に出したり、行動に移したりしないと伝わらないことって必ずあるだろうし。今のところ、それがあたしの結論。

たぶん恋愛でも同じでしょう。たぶん相手は自分のことが好き。大事に思ってくれているはず。それでも、きっと「大事にされてる感」があんまり得られなかったら、悲しくて不安で虚しくて終わっちゃうよね?そんな事ないかなぁ。まぁ、あたしの場合はそうなのです。 普通に愛情を注がれて生きてきた人でもそうなのに、それに慣れていない人だったら…どうなんだろう。ちょっと想像できないや。


小さい頃から「愛情」を操る心のスペースがきちんと確保できている子は、人のことまで考える余裕があるんだと思う。ただ純粋にそれを受け入れて、出したい時に普通に出せる。この「愛情スペース」、一体どうやったら拡げられるんだろう。ご飯をいっぱい食べ続けたら胃がちょっと大きくなるように、愛情を注がれ慣れたら、ちょっとづつ大きくなるのかなぁ…。

JICAの活動報告書に書くべき内容ではないけれど、あたしのココでの使命は、愛情をとことん注ぐこと。それに尽きる。「今までたくさん恵んできてもらったから、今度は恵みたい。」確かそんな様な事を、JICAの面接で言った気がする。あたしが今まで恵まれてるなぁと感じる時、そこにあったものは他でもない色んな人からの「愛情」で、今、それを恵めるだけ恵みたいなと思う。すごく。


…なーんてことを昨夜、Eliasの天使のような寝顔を眺めながら、ふと考えたのでした。すごくありきたりなんだけど、今までよく考えもしなかったから、実はけっこう新鮮な想いです。

みんなにとって、「愛情」ってなんでしょうか。
ちゃんと愛してますか。自分のことも、大切な人も。

2 件のコメント:

MB さんのコメント...

なかなか使う機会はないかも。
もはや日本では「愛」という日本語よりも外国語で表現することが一般的になってしまってるよね。

Mari さんのコメント...

そうだね…。もともと日本にはない概念だったのかもね。時代劇とかで「愛してる」って聞いたことないような気もするし…。