2008/12/16

ゴミ漁り

一週間くらい前の出来事ですが、
28年近く生きてきて、初めてゴミ箱を漁りました。


なぜなら…弟くんとケンカ(?)をしたからです。もうマリの部屋に置いてある自分があげたものは全て返して欲しいと言われたのですんなりと引き渡し、「さっさと捨てりゃー良いじゃんっ」て言い放ったらあたしの部屋のゴミ箱に捨てて出て行った…。

話ても話しても、解ってるくせに「解らない」と言われ、特別扱いされたいのが見え見え。もうこうやってあたしが必死に言葉を探しながら真剣に話をするっていう時点でキミは特別なんだよってことを本当は解ってるくせに、こういう方法でしかそれを確認できない彼の幼さに最近はだいぶ疲れてしまっていたわけです。


そんな訳であたしも相当頭にきてたもんだから、夜中のうちにそのゴミを袋にまとめてみんなの共同のゴミ捨て場にすごい勢いで捨てに行ったわけ。あの時はものすごいスッキリした良い気分だったなぁ。
でも翌日になって、だいぶ冷静になって、急に後悔。今までもこういう事は何度かあったんだけど、折り紙とかミサンガとか写真とか、まぁ100歩譲って許せるかなぁというレベルのものだったから。


でも今回ばかりは、そうも行かなかったです。弟くんが初めてあたしにくれた「Alegría」と書かれたワンちゃん。マリはこのHogarのAlegríaだからという意味と、いつもalegreでいてねという意味でプレゼントしてくれたもの。そしてもう一つは、たまに拗ねて変な態度とっては悲しい思いさせて困らせてごめんなさいって、書いてくれた詩のようなもの。




姉にメールで「捨てちゃった」と報告(愚痴?)メールをし、ふとこれを失くした今、ちっともalegreじゃない自分に気づいたから…。漁りましたよ。ゴミ捨て場を漁りました。生ゴミも埃もいっぱいで、虫もぶんぶん飛んでたよ。よく頑張って探したと思うよあたし。

まぁ本人に教えるつもりはないけどね。
喜ばれるのも悔しいから、隠し持っておくことにします。



それにしても…あたしにゴミを漁らせる男Julio。
お前、きっと大物になるぜ!

っていうか、頼むから良い男になってくれよ…!!!

3 件のコメント:

名無しさん(41) さんのコメント...

この犬、ソフトバンクの犬みたいだな!
って、わからないだろうけど…笑

それにしても、

複雑な…(>_<)

がんばってとしか言えない!


ちなみに、アメリカのせいで日本の製造業はダメです!(T_T)
不況になるスピードが、バブルがはじけたときよりも圧倒的に早いです!

ペルーはどこまでアメリカの影響を受けているんだろう…(-_-;

ken さんのコメント...

難しいところをやっているなぁ。
大変だ・・・

大切なところはどこかに見失わないように、向こうが揺れているだけに、こちらも揺れそうになるところをなるたけ揺るがないよう踏ん張って、やっていくしかないんやろうなと感じました。

応援してます。

Mari さんのコメント...

>kenさん

難しいところをやっていましたが…少年は去ってしまいました。かなり責任を感じてしまい、後悔しても仕方がないのは解っているけれど、明るい気持ちになれない自分がいます。

でも、あたしがこんなんじゃダメだって解ってるから、なんとか復活します。応援ありがとう。