2008/05/09

Casa de reposo

Emmanuelの老人ホームは、Casa de reposoという名前です。
Reposoは休息とか安息とか、そういう意味。
まさに、名前の通りだなぁとしみじみ思うこの頃です。

最近は子どもたちと馴染みたくてHogarで寝ることが多かったけど、風邪を言い訳に2日続けて老人ホームに帰ったら、おじいちゃん&おばあちゃんたちがすごく喜んでくれて、スタッフの人たちとも一緒にいっぱいおしゃべりして、楽しかったのです。

「ビクトルさんが、マリちゃんがいない~って寂しがってたのよ」と老人ホームのマードレが教えてくれたり、リマ市内にある老人ホームに遊びに行って来たおばあちゃんがパーティーで出た天ぷらをお土産に持って帰ってきてくれたり。

こういうのも、ちょっといいでしょ。そして天ぷらという懐かしい響きに、食べながらちょっとグッときました(笑)


この老人ホームは、門番の人にお願いしないと中から外に出ることも出来ません。さすがに80歳、90歳ともなると色々あるんだろうし、外は危険がいっぱいだから。そんなわけで、忘れ物や着替えを取りに来て10分でまた戻るって時にもわざわざ「鍵を開けて下さい」とお願いしなくてはならないのです。

その手間が申し訳ないなぁといつも恐縮してしまうのだけれど、昨日、何度も何度もごめんなさいって言ったら、「あなたの家なんだからそんな事気にしなくて良いのよ」ってマードレが言ってくれました。

「あなたの家」っていう響きにまたグッときて、ニヤつきながらHogarに向かったのでした。

2 件のコメント:

ペプシコアラ さんのコメント...

「あなたの家」で食べる天ぷらはまた格別の味だったでしょうね!
(^_^)

ってか、何の天ぷらよ?
海老とかあるのかな?
野菜天?^_^;

しらたま さんのコメント...

茄子の天ぷらでしたっ!!!
美味しかったよ!